イタリアでも地域によって違うパスタ

イタリアでも地域によって違うパスタ

イタリア北部は平たい手打ちパスタが多く、イタリア南部はショートパスタが多く食べられています。さらにトマトベース・チーズなどのクリーム系・肉・魚介とソースもそれぞれ違います。

 

 

 

なので、イタリア料理でパスタを食べる時は作るシェフがどこ出身かやどこでパスタを学んだかによっておすすめパスタメニューが違います。イタリア中部のローマはペンネやスパゲッティを使ったアラビア−タ・カルボナーラ・ペペロンチーノが有名です。

 

 

 

イタリア北部のフィレンツェではゴルゴンゾーラチーズをからめたコクのあるパスタが有名で、海沿いのヴェネツィアはシーフードをふんだんに使ったパスタやイカスミのパスタが有名です。イタリア北部はちょっとくせのある味が多いです。同じ北部なのですが、ミラノは素朴な味が多くキノコや野菜を使ったヘルシーなパスタが人気です。

 

 

 

イタリア南部はオリーブオイルをたっぷり使って作るトマトベースのパスタ料理が主流です。ナポリでは魚介類とトマトを煮込んで作るスープパスタやアサリを使ったボンゴレが代表的です。

 

美味門

 

あなたはどのようなパスタソースが好きですが?イタリアはパスタ・ペンネ・チーズ・トマト・魚介・ハムなど美味しいものがたくさんあります。しかしイタリアの地方によって有名な食材が違いますのでイタリアの南部・中部・北部のどこの料理が食べたいか一度イタリアについて調べてみるのもいいかもしれません。

 

 

 

北部のくせのあるゴルゴンゾーラやイカスミなどのパスタソースは日本人では苦手な人が多いので、一緒に行く人がいる場合は事前に聞いてみた方がいいでしょう。