リストランテとトラットリアの特徴

リストランテとトラットリアの特徴

日本では高級店のイタリア料理店か大衆向きのイタリア料理店という事で片付けてしましますが、本場のイタリアでは料金帯や料理の内容とサービス形式などでランク付けされています。

 

日本料理での高級料亭と居酒屋や大衆酒場などのような違いと似ていますが高級店としてんリストランテと気軽に食べられるトラットリアやオステリア、ダヴェルナなどに分けられています。

 

 

 

しかし、オステリアでも金額が高い高級なオステリアもありますので事前に調べるなどの注意が必要です。

 

良くリストランテとトラットリアの違いについて聞かれますが、実際にはリストランとトラットリアには明確な定義は有りません。

 

どう考えても高級と見えない店の看板にリストランテと書かれている場合も有りますので、やはり評判を聞いて行くべきでしょう。

 

 

 

トラットリアはカジュアルなイタリアの家庭料理であると認識されていますが、実際には腕の良いオーナーシェフがリストランテにも負けない美味しい料理を提供してくれる店もあります。

 

西麻布でデートにもぴったりな焼肉店

 

現在のトラットリアは小さな規模だがオーナーシェフの個性を活かした素敵な感覚的な店が増えてきていますので格式だけの昔からの伝統的なリストランテよりも人気店があります。

 

歴史がある有名なリストランテ出身の調理師が独立して自分なりのセンスで特徴のある美味しい料理を提供するトラットリアが増えてるのです。

 

一方の歴史の古い有名なリストランテは格式だけを重んじていて吐いますが、実際の料理内容は気の利いたトラットリアに負けている場合があります。