イタリア料理メニュー解説

イタリア料理メニュー解説

イタリア料理のフルコースはフランス料理のフルコースに比べて量が非常に多いです。

 

道玄坂で女子会するなら個室のお店

 

食前酒はアペリティーヴォと言い、食事の前に軽く一杯飲んで胃を刺激してから食事を楽しむというのがイタリアの考えです。食前酒はハーブ系リキュールのカンパリやスパークリングワイン・白ワインベースのお酒・ベルモットなどが定番です。

 

 

 

前菜はアンティパストと言い主に野菜・サラミ・生ハムやサーモンなどの魚介類を使ったサラダやマリネといった冷たい料理が定番です。それからまず一皿目の料理プリモ・ピアットです。パスタやリゾットなどにたいていスープが付いてきます。

 

 

 

そして二皿目の料理セコンド・ピアットがメインディッシュになります。肉・魚を中心とした料理になります。ミラノではミラノ風カツレツ、ナポリでは新鮮な魚介類などイタリア内でもその地方によってメイン料理の食材が違いますが、その地域で一番美味しく有名なものがメインに登場します。

 

神保町で鶏料理が美味しい居酒屋

 

そしてデザートドルチェになります。デザートには主にティラミス・パンナコッタやフルーツ・ジェラートが多いです。最近大きいお店ではデザートビュッフェが多いです。

 

 

 

このようにイタリア料理はメインディッシュの前に日本で言うメインのような炭水化物系のものが出てくるのと、ワインを飲みながら食べるというのがイタリア料理の基本なのでゆっくり料理が運ばれてきます。

 

なのでメインディッシュが出てくる時には結構お腹がいっぱいになってしまう事が多いのですが、デザートと一緒に飲むコーヒー特にカプチーノのイタリアの有名な伝統の飲み物なので是非イタリア料理の時は最後のコーヒーまで楽しみましょう。