イタリア料理の用語

イタリア料理の用語

おいしいイタリア料理のお店に食べに行った時に困るのがイタリア料理の用語には困る場面が必ずあるはず。そこで知っていて困らない程度に用語を知っておいてもらいたい。まず、イタリアンのお店に行くとワインを頼むことが多いと思うので赤をロッソ、白をビアンコと言うのは覚えといて損はないはずです。

 

梅田駅から近い居酒屋。http://kitaichi-sakaba-umeda.com/

 

そして、前菜のことはアンティパストと言い、デザートをドルチェと言います。これはコースで注文するときなどに覚えとくといいかもしれません。あとはパスタの種類などを知ってると便利かもしれません。パスタの種類ですが、細かく説明するととても多いので大まかに説明します。

 

 

 

まずは一般的に知られているのはロングパスタです。これは日本でも一般的に家庭で使われているのでみなさんも見ているので分かっていただけるはずです。次にショートパスタがあります。これはマカロニやペンネなど、小さいパスタがショートパスタの部類にはいります。料理に使われるのはラザニアやグラタンなどに使われているのでみなさんにも馴染みの食材なので分かっていただけるはずです。

 

 

 

それ以外のパスタの種類があります。例えばニョッキなどはみなさんも一度は聞いたことがあると思いますがこれもパスタの一種です。それ以外にラビオリなども聞いたことがあると思います。大きく分けるとこの種類になります。

 

 

 

ここで説明した用語は最低限の用語になります。その他に食材の用語や料理名もありますが、それはタイトルとは関係なくなってきてしまうので今回は省かせていただきました。