美味しいイタリアンはパスタで選ぶ。

美味しいイタリアンはパスタで選ぶ。

イタリアンと一口にいっても大きく分けてピザとパスタが代表的な料理。
昔の日本のピザはお世辞にも美味しいとはいえるものではありませんでした。

 

いつの頃からか、本格イタリアンという言葉が流行りだし、イタリア料理屋がピザ窯を備えることが多くなりました。
ピザ窯があるからといって、ピザが美味しくなるわけではありませんが、強火で短時間にパリっと焼き上げるピザはやっぱり美味しいですよね。

 

そういった意味では、実は、ピザ窯の登場でお店ごとの美味しさの差がつきにくくなってしまったのがピザなのです。
ピザ窯と適切なレシピさえあれば、ある程度は平均点の美味しさが出せるようになってくると、お店の特色としてピザが使えない。
その代わりに登場したのが、パスタです。

 

ご存知のようにパスタは種類がたくさんあります。
乾燥パスタ、生パスタといった材質の違いもありますし、ロングパスタ・ショートパスタといた形の違いもあります。

 

それぞれに違う微妙な茹で加減は、一朝一夕に身につく技術ではありません。
茹で加減一つでパスタの美味しさはかなり違ったものになってしまうのはイタリアンが好きな方でしたら分かって頂けると思います。

 

ピザでは技術の差はつけにくいですが、パスタならそれが出来る。
となれば、自信のあるイタリヤ料理屋はピザよりもパスタ料理をメインにしたがるのは致し方ないところです。
事実、ホントに美味しいパスタは何も言えないぐらい美味しいです。

 

そんなパスタに巡り会える人はあまりいないかもしれません。
美味しいイタリヤ料理屋はパスタで選びたいですね。