漁師料理のペスカトーレ

漁師料理のペスカトーレ

ペスカトーレは、魚介類とトマトを合わせたソースのことで、そもそもは「漁師」という意味です。漁師が売れ残った魚介類をごった煮して作ったものからきています。漁が終わったあとに陸ですぐに料理して食べるのは日本の漁港でも行われているようです。

 

花凛-karin-

 

或いは、旅館や定食屋などのまかない料理のような感覚でしょうか?!まかない料理が美味しくてお店のメニューとして出されるなんてことをよく聞きますよね。イタリアでは大衆料理として知られているようですが、魚介類が入ると日本では高級なイメージがあります。

 

恵比寿で居酒屋だったらコチラがおすすめです

 

きっと日本でペスカトーレを作るには材料費がけっこう掛かるのが原因なのでしょう。その材料にはムール貝、イカ、かに、海老、あさりなどがよく使用されています。トマトと魚介類の旨みが絡み合って美味しいですが、リングイネで食べると一層食感が良くなります。

 

博多 居酒屋 個室 くすくす

 

リングイネは楕円形のパスタでソースが絡みやすいのでこってりとしたソースに合います。私も時々このリングイネでイタリア〜ンを味わっています。