パスタの種類

パスタの種類

代表的なパスタの種類を紹介します。日本でもっともおじみのあるのは細めのロングスパゲッティです。どんなパスタソースにも合う一番一般的なパスタです。そのスパゲッティよりもちょっと太めのパスタをリングイネと言います。このリングイネは魚介ソースやあっさりとしたソースに合うとされています。

 

川崎で焼肉を食べるなら!

 

きしめんのような平たいロングパスタのことをフィットチーネと言います。生タイプが日本でも人気でクリームパスタやチーズなど濃い味のソースに合います。線の入った太いペンネに似ているショートパスタのことをリガトーニと言います。トマトソースやクリームソース・グラタンと相性がいいです。

 

熊本 居酒屋ならほむら

 

チョウチョのような形をしたファルファッレというショートパスタはサラダやスープに使われることが多く、パスタとしてはどんなソースにも相性がいいとされています。他にもラザニアやラビオリなどもあります。

 

 

 

イタリアではワインやチーズと同様パスタにもパスタ法が定められています。ひとくちにパスタといってもその種類は非常に多いです。代表的なロングパスタのスパゲッティやマカロニなどのショートパスタがあったり、形状や太さの違いでそれぞれ名前も違います。

 

 

 

それほどたくさんのパスタがある中、ソースに合うパスタをしっかり見極めているのがイタリアのパスタ料理のすごいところでもあります。

 

 

 

イタリアではパスタと言えば毎日の食事に欠かせない日本でいうお米と同じです。お店で食べるだけではなく各家庭の味があるパスタはイタリア人にとってはお母さんの味でもありますし、赤ちゃんが初めて食べる離乳食もイタリアではパスタから始まります。